Japan given the nod for Super Rugby

24 Oct 2014
Japan given the nod for Super Rugby

Following a meeting of the Executive Committee, SANZAR has informed the Japan Rugby Football Union (JRFU) that it is the preferred candidate for Super Rugby's 18th team when the competition expands in 2016.

SANZAR Chief Executive Greg Peters said, "This week's meeting was a significant step in the evolution of Super Rugby.

"Compelling proposals were put forth by Japan and Singapore in what was a very competitive tender process and we thank both parties for their passion in sharing our vision to expand the competition to new fans, territories and commercial markets.

"While ultimately edged out in this instance, Singapore presented a highly attractive bid and we will maintain a positive relationship with an eye to potentially working with them in the future.

"Following the Executive Committee's decision however, SANZAR will now work exclusively with the JRFU to finalise arrangements for their entry in to Super Rugby, subject to execution of the formal participation agreement.

"Until this process is concluded, there will be no further comment from either party."

2014年10月24日(金)

日本、スーパーラグビー18番目のチームのフランチャイズ第一候補に

SANZARは先に行われた執行理事会の会議を受け、日本ラグビーフットボール協会(JRFU)

に対し、2016年から拡大されるスーパーラグビーの18番目のチームの第一候補とな

ったことを通知いたしました。

SANZAR CEOグレッグ・ピーターズのコメント

「今週の会議は、スーパーラグビーの発展に於いて重大なステップでした。」

「日本、シンガポールから提出された提案は双方とも素晴らしく、非常に拮抗した入

札でした。この大会を新たなファン、地域、そして、マーケットに拡大したいという

我々のビジョンを理解してくださった双方の候補者の情熱に感謝をいたします。」

「今回は、最終的に僅差でこのような結果になりましたが、シンガポールからも非常

に魅力的な提案を提示いただきました。我々は、将来の可能性もにらみ、今後も彼

らと良好な関係を継続してまいります。」

「しかしながら、この今回の執行理事会の決定を受け、SANZARでは今後、JRFUの

みに対象を絞って、正式な参加契約書の締結を前提としたスーパーラグビー参加

のための最終調整を行っていきます。」

「そのため、この過程が完了するまで、両者からこれ以上のコメントは差し控えさ

せていただきます。」