Eddie Jones lands Super Rugby role

24 Apr 2015
Eddie Jones lands Super Rugby role

The Japanese Rugby Football Union (JRFU) has announced that its national coach, Eddie Jones, will also serve as Director of Rugby at the new Super Rugby team that will enter the competition in 2016.

Jones, who has served as head coach of Japan since 2012, will head up rugby operations to create a stretagic plan for the team's development whilst the JRFU is still to announce its plans for a head coach, or what shape its football department will take.

Following his appointment, Jones said, "Super Rugby is an extremely important challenge for Japan rugby. It will enable us to evolve from the Japan Rugby Top League to the test level through the fierce Super Rugby competition.

"It will bring many Japanese players an opportunity to play international rugby on a regular basis. I feel a big responsibility and a great honor for becoming the first Director of Rugby and, above all, look forward to be able to set up a team with those who represent Japan rugby for both management and players.

"We would like to challenge to Super Rugby with pride and passion and give Japanese players with an international-level rugby experience."

The JRFU also announced that it had established a corporation by the name of Japan Super Rugby Association (JRSA) that will manage the team as it enters its first year of operation in 2016.

Its primary outline of operation will include the particulars of holding matches, the selection and development of players, the utilisation and management of commercial rights, match ticket sales, plus advertising and public relations.

Mr Yoshitaka Tashiro, who is a board member of the JRFU will serve as the inaugural Chairman while Yuichi Ueno who is a council member as the Asian Rugby Football Union will be the Chief Executive Officer.

Others members on the Board of Directors include Tatsuzo Yabe (Chairman, JRFU), Toshikazu Tagawa (Ernst & Young ShinNihon LLC) and Yusuke Sakaue (Dentsu Inc.)

More details on the set-up of the organisation and the contracting of players will be released in the coming months.


2016 年シーズン以降の「スーパーラグビー」事業、一般社団法人設立 日本チームのディレクター・オブ・ラグビーにエディー・ジョーンズ就任のお知らせ

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・森喜朗、東京都港区)は、2016 年から 2020 年シーズンを対象として日本チ ームが参加する「スーパーラグビー」の日本チームの事業運営(概要は下記)のため「一般社団法人 ジャパンエスアール」を設 立いたしましたので、お知らせいたします。
また、日本チームのディレクター・オブ・ラグビーにエディー・ジョーンズ(現日本代表ヘッドコーチ)が就任いたしましたので、併 せてお知らせいたします。

「一般社団法人 ジャパンエスアール」 概要

【名称】
一般社団法人 ジャパンエスアール(英文名:JapanSRAssociation略称:JSRA)
【設立日】 2015年3月20日付
【役員構成】 理事
代表理事 田代 芳孝(公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 理事) 業務執行理事 上野 裕一(アジアラグビーフットボール協会 理事)
理事 矢部 達三(公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 専務理事)
田川 利一(公認会計士 新日本有限責任監査法人) 坂上 勇輔(株式会社 電通)

スーパーラグビーに参加する日本チームの「ディレクター・オブ・ラグビー」にエディー・ジョーンズが就任
チーム強化の戦略計画(ハイパフォーマンス全般)を立て、それを実現するためのスタッフや選手を組織化し、直接的に 現場の強化実践に携わる役割となる、日本チームのディレクター・オブ・ラグビーに現日本代表ヘッドコーチのエディー・ ジョーンズの就任が決定しました。
○エディー・ジョーンズコメント 「昨年、日本チームがスーパーラグビーに参戦することが決まり、ついにそのための組織が立ち上がりました。スーパーラ グビーへの挑戦は、日本ラグビーにとって極めて重要です。 トップリーグのラグビーから、テストマッチレベルへの進化が、スーパーラグビーの激しいリーグ戦の中で可能になります。 日本の多くの選手が、国際的なラグビーを定期的にプレーできるチャンスが生まれるのです。初代ディレクター・オブ・ラグ ビーとして大きな責任を感じますし、また光栄であり、何よりスタッフ・選手ともに日本ラグビーを代表する人を集めてチーム を組めることが楽しみです。プライドとパッションを持ってスーパーラグビーに挑み、日本の選手達に国際的なレベルでの ラグビーの経験を与えたいと思っています」